温湿度センサプローブ・温湿度計・温湿度変換器・温湿度データロガー・記録計

ロトロニック
使用事例

農業

農業での使用事例

近年の農業分野において温湿度測定は重要性を増しています。
屋外での環境測定から、バイオ研究にいたるまで、ロトロニックの温湿度計測機器ラインナップが高精度で安定した測定を提供します。

詳しくはこちら

自動車・航空宇宙産業

自動車・航空宇宙産業での使用事例

自動車、航空宇宙産業では、製造工程全般にわたり徹底した温湿度環境管理が要求されます。
シビアな温湿度環境管理には高精度な温湿度測定が不可欠です。

詳しくはこちら

パンの製造工程

パンの製造工程での使用事例

パンの品質維持には水分、相対湿度の管理が不可欠です。

詳しくはこちら

レンガ製造

レンガ製造

レンガ、コンクリートブロック、屋根瓦や、レンガの製造工程では急激に水分を取り除くと、ひび割れや欠落等が発生し、製品の品質を損なう可能性があります。
このため、乾燥工程における水分コントロールは非常に重要です。ロトロニック製品は安定した品質の安定化、エネルギー消費の低減で生産性の向上に貢献します。

詳しくはこちら

セラミック

セラミックでの使用事例

セラミックの製造工程では、一定期間の乾燥工程を経て焼成に入ります。乾燥工程ではゆっくりと時間をかけて水分を除去していく事が重要です。
乾燥工程における微妙な水分コントロールが製品の品質に大きく影響します。

詳しくはこちら

環境試験装置

環境試験装置での使用事例

環境試験、安定性試験や植物育成環境試験では、多様な温湿度環境において高精度な温湿度測定が要求されます。
ロトロニック製品は耐久性に優れ、幅広い温度環境でも温湿度測定が可能であり、このような試験現場で多く利用されています。

詳しくはこちら

化学薬品・素材

化学薬品・素材での使用事例

多くの化学製品の製造において、乾燥工程は非常に重要です。
高精度な湿度測定は品質管理と生産性向上に貢献します。

詳しくはこちら

半導体・電子機器

半導体・電子機器での使用事例

半導体の製造工程では厳しい湿度管理がなされた環境が要求されます。
また、設計過程においても試験環境の温湿度計測がしばしば要求されます。

詳しくはこちら

食品

食品での使用事例

多くの食品製造現場で湿度のコントロールが重要視されています。
また、食品そのものの水分活性も食品の防腐効果と密接に関係しています。

詳しくはこちら

空調

空調での使用事例

ビル空調では温度コントロールが一般的ですが、省エネと効率的運用の観点から湿度コントロールが徐々に重要視されつつあります。

詳しくはこちら

アパレル産業

アパレル産業での使用事例

アパレル産業において、所定の温湿度環境を保つことは、品質管理と効率性の向上のために欠かせない要素です。
ロトロニック製品は、求められる要求に応えることのできる精度を備えています。

詳しくはこちら

気象観測

気象観測での使用事例

的確な気象予報には、高精度な計測器が不可欠です。
ロトロニック温湿度センサプローブは精度と長期安定性の面において、気象測定市場で高い評価を得ています。

詳しくはこちら

博物館・美術館

博物館・美術館での使用事例

美術品や歴史的資料の保管には精密な空調制御が常に要求されます。
ロトロニック製品は高い精度と長期安定性で博物館、美術館における環境管理に貢献します。

詳しくはこちら

塗装

塗装での使用事例

水性塗料を使用する塗装では、作業環境の温湿度コントロールが非常に重要です。塗装工程においては、信頼性のあるセンサの使用が不可欠です。

詳しくはこちら

製紙業界

製紙業界での使用事例

紙やダンボールのような紙製品は湿度、水分が品質に大きな影響を与えます。
製造・保管・流通の過程での品質管理において、空調コントロールは重要な意味合いを持ちます。

詳しくはこちら

製薬業界

製薬業界での使用事例

製薬メーカーは温湿度計測器の最も大きなユーザーの1つです。
多くの薬品は湿度・水分量の変化に対して非常に敏感な為、完成品の品質管理には製造工程において湿度・水分の徹底管理が不可欠です。

詳しくはこちら

プラスチック製品

プラスチック製品

プラスチック製品を成型する前段階でプラスチックの顆粒に水分が多く含まれていると、気孔ができる等、製品の品質に悪影響を及ぼす可能性があります。
素材が納入される前に、ハンディタイプ温湿度計による検査の実施を推奨します。製造の直前に測定することで、品質不良の発生を防ぐ事ができます。

詳しくはこちら

ゴム産業

ゴム産業での使用事例

天然資源として、ゴムは周囲環境の水分を吸収しやすい構造になっています。極端な高湿、低湿環境に曝されると、品質に強い影響を受けます。
再加工する場合、品質に大きな影響を及ぼす可能性があります。

詳しくはこちら

タバコ産業

タバコ産業での使用事例

タバコは収穫されるまでは多量の水分を含んでいます。
その種類や、加工される製品の種類によって水分量はそれぞれ異なります。この為、製造工程における水分管理は、非常に重要なファクターとなります。

詳しくはこちら